明日から使える「マネジメントしない上司」の対処法

こんばんは、わいまつです。(名前がしっくりくるまで変えていく)今日は、私がヤフーとベンチャーで見てきた上司について書いていこうと思います。

みなさんは、「マネジメントをしない上司」に出会ったことがありますか?実はこれ、、結構いると思います。かくいう私も組織の改変などで上司が複数人いました(ヤフー社では、チームでの上司、サービスでの上司が分かれていたり)が、半分近くはこのタイプの上司でした。

なぜこういう上司は出来上がってしまうのか?また、こういうタイプの人が上司になった場合はどうしたらいいのか。書いていきます。

マネジメントしない上司の対処法

本記事のテーマ

この記事では、「マネジメントしない上司」がなぜ誕生するのか。また、そのタイプの人が上司になったらどうしたらいいのかを私の経験を混じえて説明していきます。

本編

「マネジメントしない上司」の誕生

さて、「マネジメントしない上司」はなぜ生まれてしまうのでしょうか。結論から言いますと、これは一概に、その人だけのせいとは言えません。会社、これまでの風潮が良くないのも原因のひとつです。

もちろんその人個人の能力も関係していると思います。ただ、マネジメントスキルというのは、伸ばそうと思えば伸ばせるものです。そしてある程度人間経験を重ねるとコミュニケーションのスキル等は備わってきているはずなのです。

そのスキルセットがない人は上司にはなれません。あるべき場所にとどまる、もしくは異動されます。能力があるのに、マネジメントをしないのはなぜでしょうか。それはスキルの発揮ができていないからです。

そしてそれを発揮させるのは、個人ではなく組織です。組織にその環境がないのです。上司になる前に手本となる人がいなかった。もしくは組織がそうなるようにバックアップしてこなかったことが問題です。会社の環境は一朝一夕に変わるものではありません。かなり上から組織の改革をする必要があります。

上司がマネジメントをしないときの対処法

組織が悪いとしたら、もうどうしようもないじゃないか!という声が聞こえてきそうです。そのとおり簡単ではないです。本来なら、あなたは今すぐその職場から離れたほうがいいです。というのでは、タイトル詐欺になりますので、少しでもいい方に転がるような対処法をご紹介します。

コミュニケーションの場を作る

まずは、コミュニケーションの場を強制的に持ちましょう。マネジメントの始まりはコミュニケーションからです。昼食でもいいですし、トイレで偶然を装ってすれ違ってもいいですし、喫煙所なんかでもいいでしょう。とにかく話し合いの場をもつことです。それが定期的にもてるようになったら、素晴らしいです。

雑談レベルで仕事の話をしてみる

コミュニケーションがうまくいってきたら、仕事の話も交えていきましょう。自分の仕事を把握してもらうためです。特にエンジニアタイプの上司は、自分のことで手一杯の人がいます。そういった人には、上司という自覚をもってもらうことが大切です。あなたの部下こんなことしてるんですよ。こんなことで苦労してるんですよ。と。少しずつ少しずつ上司にも自覚が芽生えてくるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「マネジメントしない上司」の対処法をまとめてみました。私は実際、これらの方法で上司に対して働きかけてきました。なによりコミュニケーションが一番大事だと思っています。いつまで経っても変わらない上司には、もっと上に働きかけてそれでもだめなら、思い切って職場を変えるのも必要だと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です