その保険本当に必要?保険に入ってはいけない人とその理由

こんばんは、わいまつです。今日は、保険について書いていきたいと思います。

昨日お金の話をしているときにふと思いました。保険ってどうなんだろうと。私もまだあまり詳しくなかったので書籍やインターネットで調べました。驚愕の事実が。

それは、保険は入らない方のメリットがだいぶ大きいということ。今回はそこらへんに触れていこうと思います。

保険に入るべき?入らなくていい?

生命保険に入る必要のない人たち

生命保険を入る前によく考えるべきでしょう。このページに来たからには、迷っているはず。そこで、入るべきでない人たちと、その理由を以下に挙げていきます。自分に当てはまったら、考え直してほしいと思います。

そもそも保険とはなんなのかを考え直す

そもそも保険とはなんなのでしょうか。保険に入られる方の中には、「みんな入っているから入る」とか、「親が入っていたので勧められた」とか。そういう状況で入っている人も少なくありません。

ですが、保険の金額っていくらかかるかご存知ですか?平均して年で45万。30年で1350万超えです。ものすごく大きな金額ですよね。加入する際はしっかりと検討していけなくはなりません。

生命保険はギャンブルにも例えられます。毎月チップという掛け金を払って、ギャンブラー(保険を契約している人)が死ねばギャンブラーの勝ち。一定の年齢(契約による、60歳くらい)まで生き残れたら、ギャンブラーの負けなのです。

ほぼほぼ負ける前提で考えなくてはなりません。ただ、絶対負けるわけではないこともあるのが人生、0%ではない以上リスクヘッジは必要ですが。

さて。保険に入る目的は、万が一なにかが起こったときにお金にこまらないようにするためです。「なにか」は、がんだったり、失業だったり、命が亡くなったときです。それらに備えてそれぞれ必要な種類の保険に入ることになります。

これらの万が一が起こったとき、何が起きるでしょう。結婚していたら、奥さんや子供がいます。大黒柱のお父さんが亡くなったら、収入が激減し、必要な生活ができなくなるかもしれません。では、その状況で必要なお金を具体的に言えますか?

保険は、備えるためのものです。つまり、その状況に耐えうる設計をしなくてはなりません。必要なお金を計算しましょう。そしてそれらをカバーできる保険でなければ入る意味はないのです。

独身の人

まず、独身の人。独身で保険を検討しているのはなぜでしょうか。将来、急に働けなくなったらとか、30歳超えたしそろそろ考えないといけないとか。そういうざっくりした理由で保険を検討してはいけません

今、独身状態のあなたが死んでしまったらどうなるでしょう。両親、兄弟が路頭に迷いますか?ほとんどのケースではそんなことないですよね。それぞれ生計を立てているはずです。

もちろん亡くなったときに必要なお金はあります。葬儀代、お墓代。。さまざまありますが、日本国民が必ず入っている、社会保険・国民健康保険があります。また、勤めている会社の福利厚生制度によってかなり賄われるはずです。一度確認してみるとよいでしょう。

60歳までのがん保険

がん。怖い病気です。日々治療の分野が進化しているといっても、まだまだ死亡率が高い病気です。そんな怖いがん保険は必ず入るべきって、CMで毎日流れてますよね。2人に1人はがんになる時代なんて言われてます。

では、問題。59歳までの人ががんになる確率は何パーセントでしょうか。

答えは、6.9%です。めちゃくちゃ低いですよね。確率が飛躍的にあがるのは、60歳からです。それらをならして、2人に1人ということになるのです。

確かな数字があれば自分も合理的に判断できますね。男性と女性で確率が変わってきたりしますので、詳しく知りたければ自分で調べることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?私は保険は悪とは全く思ってません。むしろ、リスクを考えたときに非常に助かるものだとは思います。ただそれらを正しく理解し、今、加入する必要があるかどうかを考えてほしいです。

Twitterでは日々の気づき等もつぶやいているのでぜひご登録ください。よければコメント、記事のシェア等してくれたら嬉しいです。ではまた。

コメントする