ヤフーでやってきたことの紹介~その1~ [新卒 研修内容]

こんばんは、わいまつです。今日は、私がこれまで経験してきたことを話そうと思います。

ご存知の方はいるかもしれませんが、私はヤフーに勤めていました。新卒で入社してから約4年ですね。今日はヤフーでどんなことをやってきたか話そうと思います。

大きく私がヤフーでやってきたことは3つありますので、3回に分けてお届けしようかと思います。今日は1回目で、私が新卒で入社してから大体1年と半年くらいまでの話をしていきます。

ヤフーでやってきたこと~その1~

入社するまでの話

簡単に入社するまでの話を書きます。大学では情報ネットワーク学部という、ネットワークを専攻しておりました。研究室はネットワークメディア研究室

メディアとか、エンタメ色の強い異色の研究室でした。私自身、Webメディアに強い興味を頂いていました。就職活動も、大手からベンチャーまでWebに関するところを受けていました。

ヤフーの面接では、盛大にやらかしました。面接では、「スーツではなく、あなたらしい服装でくること」と書いてあるのにも関わらず、スーツで行ってしまいました。会場に着いた瞬間に、同じく面接を受ける学生たちの表情が忘れられません。

そんな服装を間違えるドジっ子が面接官は好きだったのでしょうか。(間違えたのは1回だけだけど、さすがに。)内定をいただきました。他にも大手と言えるメディア系も受かっていましたが、最初は一番大きなところに行こうかなと決心し、ヤフーに入社しました。

入社〜5ヶ月間 研修

さすが、大手。研修が5ヶ月もありました。その間はもちろん定時だったので、正直学生の気分が抜けませんでした。同期と飲みに行ったり、六本木でダーツしたり。。田舎者の私は結構遊んでしまいましたね。まぁ、同期とのコネクションできたので良しとします。

研修の内容は、ビジネスマナーから始まり、職種によって分かれていたりしました。当時ヤフーでは、営業、エンジニア、デザイナーというふうに分かれていました。割合的に5:4:1くらいかな。

最初のビジネスマナー研修は、全員共通で受けました。名刺の渡し方から、ロジカルシンキングについてまで、様々な項目がありました。

ビジネスマナー研修が終わったら、エンジニア研修がありました。内容は、セミナー形式とeラーニング形式。自席でビデオを見て、やるんですがかなり眠くなった。。実際寝てる人もいた。

研修の締めくくりは新卒Hack Dayでした。Hack Dayは、ヤフーが主催しているイベントです。決められた時間で、プロトタイプを作って発表するというもの。それの新卒限定版をやりました。

私のチームでは、スマホでディズニーのアトラクションの待ち時間を知ることができるアプリを作りました。(当時は公式アプリがなかった)そんなこんなで研修も終わり、ドキドキの配属発表です。

メッセンジャーチームへ そこからなぜかプラットフォームの開発

私の配属はメッセンジャーチームでした。もともとサービスのことがやりたかったので、やった!と思いましたが、事実上ヤフーメッセンジャーはクローズに向けている状態でした。

そこで、新しいプラットフォームを構築するからその立ち上げメンバーになってくれないか。ということでやったのが、スマホ向けの通知プラットフォームでした。

今思うとこの経験はめちゃくちゃためになったし、今でもその知識は活かせています。新規の立ち上げっていうところが大きくて、要件定義から経験することができたからです。ラッキーでした。

私の担当領域は、スマホの端末情報をまとめるDB周りと、それらを登録する購読APIの開発でした。DBにはMySQL(全社DB)とKVS(Redis)を用いていました。サーバーサイド言語は、PHPで、フレームワークはZend Frameworkでした。なつかしい。。

当時はアメリカヤフーの技術記事を読み漁っていましたね。(アメリカヤフーに同じ仕組みのプラットフォームがあったため)一番英語が読めてた時期かもしれない。

そんなこんなでサービスインまで見届けたタイミングでちょうど、組織改編がありました。その2へ続きます。。。

次回へ。。

Twitterでは日々の気づき等もつぶやいているのでぜひご登録ください。よければコメント、記事のシェア等してくれたら嬉しいです。ではまた。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です