時間を有効に使うために、気をつける5つのこと

こんばんは、わいまつです。今日は、時間の使い方について書いていきたいと思います。

 

みなさんは昨日、何に何時間使ったか覚えていますでしょうか? 1分単位で思い出す必要はありません。ざっくり30分単位で考えたときに思い出すことはできますか?それは有効な使いみちだったと言えるでしょうか。今日は、時間を有効に使うために気をつける5つのことを書いていきます。

時間は人間にとって大事な資産です。しかも使ってしまったらもう元には戻らない。唯一の資産です。人生においては、何に時間を費やしたかで大きく変わるでしょう。人生が何回でもあるなら、多少無駄な時間をすごすことも良いでしょう。でも人生は1度きりです。

実は、時間の使い方というのはいろんなものに応用できます。この記事を読めば、他のことも改善されていくでしょう。例えば、お金の使い方、生活習慣などです。時間というのはそれくらい強烈なものということです。

私はこの5つのことを意識することで、資格取得だったり、独立までの道を得ることが出来ました。特に資格取得にはよく効きました。定量的にやることが決まっているからです。

もしあなたが何かを成し遂げたいのに、まだ行動できていない。という状態なら、この記事を読んですぐ実践するべきです。仕事にも必ず役に立ちます。繰り返しますが、時間は戻らない。では、紹介していきます。

気をつける5つのこと

時間を細かく区切る

これはこれから話すことの一番最初にやってほしいことです。

1日を細かく区切ることです。だいたい夕方にこれをして〜、というざっくりした区切りかたではなく、15:30~16:30はこれをする!という具合にです。時間管理の方法については、以前私が紹介した、アプリを使うのがおすすめです。記録に残るので何に時間を使ったが一目瞭然です。

まずは、1日つけてみるのをオススメします!社会人の方なら、土日とかが良いかも。

短い目標を立てること

あなたが成し遂げたいことはなんですか?不労収入を得たいとか、スキルを身に着けたいとか。大きな目標だと思います。それを成し遂げるのは、一朝一夕ではいきませんよね?

そんなときは、短い目標にブレイクダウンしてみましょう。目標を分割するのです。そうするとあとだいたい1年かかりそうかな、というざっくりした目標が、月単位、週単位になったりします。私は週単位まで分割するのをおすすめします。

時間に代わるものを駆使して工夫する

もしあなたが時間がなくて、なかなか目標にたどり着けない。または、手を付けられない状態にあったら、時間に代わるものを使いましょう

わかりやすいものだとお金ですね。資格取得なら、セミナーに行くなどです。お金は時間の次に大切な資産でこれまた強力です。使い方を誤ると身を滅ぼしかねませんが、自分のための投資は惜しまず使っていくべきです。

全体の方向性を常に見ること

短い目標と矛盾するじゃないか!と言われそうですが、そうではありません。全体=人生です。これは毎週やることに追われているときに、モチベーションを下げないためです。おそらく上記のことを実践していると毎週やることに追われることになります。

なぜ自分がこれをやっているのか、わからなくなるときや、投げ出したいときが出てくるはずです。そのときに人生レベルでやっている意味を考えます。初心に変えるということですね。方向性を見失わないためには必要なことです。

2ヶ月継続して、習慣づけること

最後の項目です。これら上記のことを習慣づけることです。一般的に習慣づけるためには66日かかると言われています。約2ヶ月継続して習慣づけると、上記のことが身についてきます。

さらに、作業や計画をたてることに慣れてくるので、効率的になってきます。ここまでくれば勝ちといえるでしょう。やりたいことや目標がばんばん叶えられていくはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?これら5つのことを是非実践してみてください。また、2ヶ月継続することをオススメします。モチベーションを維持するために仲間を作る。なんてのもいいかもしれません。

みなさまにより良い未来が来ることを願っています。また、私も継続して成長していきたいです。

Twitterでは日々の気づき等もつぶやいているのでぜひご登録ください。よければコメント、記事のシェア等してくれたら嬉しいです。ではまた。

コメントする